フエンカラル=エル・パルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(8)フエンカラル=エル・パルド
—  マドリードの行政区  —
区内を通るM-30循環道路
スペインの旗 スペイン
自治州 Flag of the Community of Madrid.svg マドリード州
Escudo de Madrid.png マドリード
行政
 - Concejal
面積
 - 計 237.81km2 (91.8mi2)
人口 220,085人
 - 人口密度 925.5人/km² (2,397人/mi²)
Madrid district number 8
Address of council

フエンカラル=エル・パルドFuencarral-El Pardo)は、スペインマドリードの区。

地理[編集]

モンテ・デ・エル・パルド

マドリードの行政区の最北部であり、最大の面積を持つが、人口密度は低い。2008年当時の調査では人口220,085人であった[1]。区内には地中海性森林(en)の保護区、モンテ・デ・エル・パルド(es)が含まれ、都市面積は全体の50%に満たない。

周辺ムニシピオのラス・ロサス・デ・マドリード、トレロドネス、コルメナール・ビエホ、トレス・カントス、サン・セバスティアン・デ・ロス・レイエスアルコベンダスと接している。接する行政区は、オルタレサテトゥアンチャマルティンモンクロア=アラバカである。

以下の8つの地区で構成される。

  • 81 - エル・パルド
  • 82 - フエンテラレイナ
  • 83 - ペニャグランデ
  • 84 - ピラル
  • 85 - ラ・パス
  • 86 - バルベルデ
  • 87 - ミラシエラ
  • 88 - エル・ゴロソ

歴史[編集]

旧フエンカラル村と、昔からスペイン王家の所領であったエル・パルドが1949年にマドリードに編入されて誕生した。2つの自治体の旧市街の他、エル・パルドとバルベルデの連結が基盤となって1950年代以降現在の都市化が進んだ。1970年にフエンカラル=エル・パルド区となって以降、現在まで変わりがない。エル・パルドにはフアン・カルロス1世らスペイン王室の私的な住まいである、サルスエラ宮殿がある。

教育[編集]

エル・ゴロソ地区にマドリード自治州立大学(es)、ポンティフィシア・コミリャス大学(es、カトリック教会の大学)のカントブランコ・キャンパスがある。マドリード自治州大学付属ラ・パス病院(es)もある。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a 1 de enero de 2008, según el Anuario Estadístico del Ayuntamiento de Madrid.|fechaacceso=29/05/2008