フェニルグリオキシル酸デヒドロゲナーゼ (アシル化)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェニルグリオキシル酸デヒドロゲナーゼ (アシル化)
識別子
EC番号 1.2.1.58
CAS登録番号 205510-78-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

フェニルグリオキシル酸デヒドロゲナーゼ (アシル化)(phenylglyoxylate dehydrogenase (acylating))は、フェニルアラニン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

Phenylglyoxylate dehydrogenase (acylating) reaction.PNG

反応式の通り、この酵素の基質はフェニルグリオキシル酸NAD+補酵素A、生成物はベンゾイルCoA二酸化炭素とNADHとH+である。補因子としてFADチアミンピロリン酸鉄硫黄タンパク質を用いる。

組織名はphenylglyoxylate:NAD+ oxidoreductaseである。

参考文献[編集]

  • Hirsch W, Schagger H, Fuchs G (1998). “Phenylglyoxylate:NAD+ oxidoreductase (CoA benzoylating), a new enzyme of anaerobic phenylalanine metabolism in the denitrifying bacterium Azoarcus evansii”. Eur. J. Biochem. 251 (3): 907–15. doi:10.1046/j.1432-1327.1998.2510907.x. PMID 9490067.