フィリップ・ユルプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ユルプル

フィリップ・ユルプル(Philippe Hurepel, 1201年 - 1234年7月19日)は、フランスフィリップ2世と3番目の妃アニェス・ド・メラニーの息子。ルイ8世の異母弟。フィリップ2世とアニェスの結婚は無効とされたため、息子フィリップも庶子とされた。

1218年クレルモン伯に叙せられた。1223年ブローニュ、モルタン、オマール、ダンマルタンの女伯であったマティルド・ド・ダンマルタン(マティルド・ド・ブローニュ)と結婚し、妻の共同統治者としてこれらの伯位を得た。2人の間には1男1女が生まれた。

1226年に異母兄ルイ8世が没すると、その未亡人で新王ルイ9世の摂政となったブランシュ・ド・カスティーユに対して反乱を起こしたが鎮圧された。

1234年、馬上槍試合ホラント伯フロリス4世一騎打ちを行った際に事故死した。マティルドは後のポルトガルアフォンソ3世と再婚した。