ファティマ・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fátima Lopes.jpg

ファティマ・ロペス(Fátima Lopes、1965年3月8日 - )はポルトガルマデイラ諸島フンシャル出身の女性ファッションデザイナー。ポルトガル人でもっとも国際的な活躍をしているデザイナーの一人。

デザイナーになる前は地元の旅行代理店でツーリストガイドの仕事をしていた為、英語、フランス語、ドイツ語が流暢に話せる。

1990年にリスボンに移動し、友人と共にそこでセレクトショップ「Versos」を開店する。1992年に名前を「Fátima Lopes」と変えそれが彼女のブランドの一号店となる。

1994年からコレクションのショーを開催し認められるようになる。1998年にはメンズ・レディースの靴、バッグ、革製品などの商品も加わるようになった。同年リスボンにショップ、ディスコ&バー、アトリエ、モデルエージェンシー、モデルスクールがひとつのビルに集約された施設「Espaço Fátima Lopes」 をオープンする。

2000年には時価100万ドルのダイヤモンドとゴールドのビキニ作品をデザイン、自らモデルをつとめ世界を驚かせた。値段は世界でもっとも高価であった。

過去にはサッカーポルトガル代表スポルティング・リスボンの公式スーツもデザインしている。(2006年ワールドカップの際も同様)それが好評だった影響で紳士服・スーツなども手がけ、ガラス製品や家具のデザインにも挑戦している。毎年年2回開催されるパリコレクションや、ポルトガルファッションなどのファッションショーイベントでは常連となっている。

2007年には「Face Sports」というスポーツ選手のマネージメント企業も起こし、イメージキャラクターに同国代表でスポルティング・リスボン所属のサッカー選手ミゲル・ヴェローゾを起用した。

外部サイト[編集]