ピーター・ロビンスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・ロビンスン
Peter Robinson
Peter Robinson 20100328 Salon du livre de Paris 1.jpg
誕生 1950年3月17日(64歳)
イギリスの旗イギリスヨークシャー
国籍 イギリスの旗 イギリス
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ピーター・ロビンスンPeter Robinson, 1950年3月17日 - )は、イギリス人推理作家

1950年イギリスヨークシャー生まれ。1974年カナダに移住した。

リーズ大学ヨーク大学で学んだ。

1998年にマカヴィティ賞、2000年にアンソニー賞バリー賞、2001年にエドガー賞マルティン・ベック賞を受賞した。

受賞歴[編集]

  • マカヴィティ賞短編賞 1998年 (「ローズ・コテージの二人の婦人」に対して)
  • アンソニー賞長編賞 2000年 (In A Dry Season(『渇いた季節』)に対して)
  • バリー賞長編賞 2000年 (In A Dry Season(『渇いた季節』)に対して) 
  • エドガー賞短編賞 2001年 (Missing in Actionに対して)
  • マルティン・ベック賞 2001年 (In A Dry Season(『渇いた季節』)に対して)

主な作品[編集]


日本語訳された作品[編集]

  • 『罪深き眺め』創元推理文庫、幸田敦子訳、東京創元社、1991年
  • 『夏の記憶』創元推理文庫、幸田敦子訳、東京創元社、1991年
  • 『必然の結末』創元推理文庫、幸田敦子訳、東京創元社、1992年
  • 『夢の棘(いばら)』創元推理文庫、幸田敦子訳、東京創元社、1994年
  • 『水曜日の子供』創元推理文庫、幸田敦子訳、東京創元社、1998年
  • 『誰もが戻れない』講談社文庫、幸田敦子訳、講談社、2001年
  • 『渇いた季節』講談社文庫、野の水生訳、講談社、2004年
  • 『エミリーの不在 <上>・<下>』講談社文庫、野の水生訳、講談社、2006年
  • 『余波 <上>・<下>』講談社文庫、野の水生訳、講談社、2009年