ピルスナー・ウルケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピルスナー・ウルケルチェコ語:Plzeňský Prazdroj、ドイツ語:Pilsner Urquell[1])は、チェコプルゼニ(ピルゼン)で1842年から生産されているビールである。現在はSABミラーがピルスナー・ウルケルのブランドを所有しており、SABミラーはポーランド[2]ロシアでもピルスナー・ウルケルの生産を行っている。

ビールの種類としては下面発酵(ラガービール)に属する。ピルスナー・ウルケルはコクが強いが、ラガービールよりもアルコール濃度は少なく、一般的なピルスナーよりもホップの苦味が強い。ホップが風味の重要な要素であり、また、軟水が醸造に利用されている。330ミリリットルと500ミリリットルのアルミ缶と緑色の瓶で入手可能である。

歴史[編集]

ピルスナー・ウルケルの名前の由来(チェコ語:Prazdroj、ドイツ語:Urquell)が示すとおり、一般的なピルスナーの元祖であり、ラガースタイルのビールの醸造方法の基礎となっている。1842年10月5日、プルゼニ市民が設立したビール会社 Bürgerbrauerei が雇ったドイツ人ヨーゼフ・グロル(en/cs)が初めてピルスナー・ウルケルを生産した。

1859年には、Bürgerbrauereiは Pilsner Bier B B の商標を登録、1898年には Original Pilsner Bier 1842、Plzeňský pramen、Prapramen、Měšťanské Plzeňské、Plzeňský pravý zdroj を商標登録、最終的に Pilsner Urquell、Plzeňský Prazdroj を商標登録し、今日に至る。

脚注[編集]

  1. ^ 国際的に使用されている綴り
  2. ^ “Czech beer brand gets Polish licence”. FoodAndDrinkEurope.com. (2002年9月11日). http://www.foodanddrinkeurope.com/news/ng.asp?id=15688-czech-beer-brand 2007年3月10日閲覧。 

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

Central-Europe-map.png この「ピルスナー・ウルケル」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ