ピプラドロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピプラドール(Pipradrol)は、中枢神経刺激薬であり、ナルコレプシーと精神運動抑制が強いうつに用いられていた。かつて日本ではメラトラン(塩野義)、カロパン(日本新薬)が発売されていたが、現在は発売中止されている。

作用[編集]

ノルアドレナリン・ドーパミンの再取り込み阻害作用により視床下部脳幹網様体の刺激作用を有するが、他剤に比べて、マイルドな中枢神経刺激薬であるとされている。

用法・用量[編集]

ナルコレプシーに対しては1日10mg、不安・焦燥が少なく精神運動抑制の強いうつ状態には1日2~4mgが用いられた。作用時間が長いため、1日1回投与が可能であった。

歴史[編集]

Piperidyl化合物で、Brownらにより精神運動増進効果が見いだされた。[1]化学構造面では、抗幻覚剤とされたAzacyclonolの異性体である。わが国では1957年に発売されたが、臨床的にあまり用いられず、乱用を恐れて中止になった。欧米では、現在も使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ Brown BB, Werner HW: Pharmacologic studies on new central stimulant, α-(2 piperidyl) benzhydrol hydrochoride (MRD 108). J Pharma Exp Therap 110:180, 1964

関連項目[編集]