ピクチャーブライド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピクチャーブライド
Picture Bride
監督 カヨ・マタノ・ハッタ
脚本 カヨ・マタノ・ハッタ
マリ・マタノ・ハッタ
製作 リサ・オノデラ
製作総指揮 チェリン・グラック
ダイアン・メイ・リン・マーク
出演者 工藤夕貴
アキラ・タカヤマ
タムリン・トミタ
ケリー・ヒロユキ・タガワ
音楽 マーク・アドラー
撮影 クラウディオ・ローシャ
編集 リンジー・クリングマン
マロリー・ゴッドリーブ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 日本ビクター
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年4月28日
日本の旗 1996年6月8日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
日本語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,238,905[1]
テンプレートを表示

ピクチャーブライド』(Picture Bride)は、1994年5月にカンヌ映画祭、1995年にアメリカで、日本では1996年6月8日にリリースされたアメリカ映画である。

1920年代から30年代、アメリカにおける日系人の厳しい立場や生活環境を「写真(だけで)花嫁(となる縁談)」形式で渡米した或る若い女性を中心軸に描いた作品。監督は日系アメリカ人のカヨ・マタノ・ハッタで、本人の家族のルーツをベースに、実妹のマリ・マタノ・ハッタとの共同脚本で、ハワイにおける日系アメリカ人の一世~二世世代について歴史描写している。

内容紹介[編集]

両親を失った16歳のリヨ(工藤夕貴)は、ハワイで農業を行う青年の写真だけをもとに縁談を決め、渡米する。結婚相手のマツジ(アキラ・タカヤマ)と現地にて対面したリヨは、マツジの姿が、日本で見た写真の年齢とは著しく異なり25歳も年上であったこと、サトウキビ畑での厳しい農作業などに直面し、渡米と結婚に後悔し日本への帰国を強く希望するスタートになってしまった。

やがて、近所の仕事仲間の女性カナ(タムリン・トミタ)と親しくなり、いろいろと助け教えられ、マツジに対しても不信感が減り生活にも慣れはじめるのだが、ある日、農場で焼き畑のために火を放った時……。

1995年のサンダンス映画祭観客賞を受賞。酷い労働環境で働く日系人たちの唯一の娯楽である無声映画で、弁士をつとめる男の役で三船敏郎が出演している。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Picture Bride (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2011年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]