ピエール・アンタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・アンタイ (右)

ピエール・アンタイPierre Hantaï, 1964年2月28日 パリ - )はフランスクラヴサン奏者・指揮者。父親はフランスに帰化したマジャル人画家シモン・アンタイ

11歳(または12歳)のときパリでアルテュール・アースにチェンバロを学び、その後2年間アムステルダム留学してグスタフ・レオンハルトに師事。1982年ブルッヘ国際古楽コンクールで第2位を受賞。

たびたび古楽アンサンブルと共演しており、1987年にはシギスヴァルト・クイケン指揮ラ・プティット・バンドと、1989年にはジョルディ・サヴァール指揮ル・コンセール・デ・ナシオンと活動を共にした。2004年に自らも古楽アンサンブル「ル・コンセール・フランセ」を結成し、その監督と指揮に勤しんでいる。