ピエールフォン城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2002年5月撮影

ピエールフォン城(ピエールフォンじょう 仏:château de Pierrefonds)とはフランス城郭である。オワーズ県ビレルコトレコンピエーニュ間に位置し、パリの北方、コンピエーニュの森の南東にある印象的な城である。ピエールフォン城はヨーロッパ中世城郭のほとんどの特徴を兼ね備えている。

ピエールフォンに城が建てられたのは12世紀のことであるが、1392年にはフランス王シャルル6世によってヴァロア家所領とされ、弟のルイがオルレアン公として封じられた(ルイ・ドルレアン)。翌1393年からルイが亡くなる1407年までに、宮廷建築家のジャン・ルノアールによって城郭の完成を見ることが出来る。

座標: 北緯49度20分49秒 東経2度58分49秒 / 北緯49.34694度 東経2.98028度 / 49.34694; 2.98028