ビスラマ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビスラマ語
Bislama
話される国 バヌアツの旗 バヌアツ
ニューカレドニアの旗 ニューカレドニア
地域 太平洋東南部
話者数 10,000人[1]
言語系統
クレオール言語
  • 英語系クレオール言語
    • 太平洋諸語
      • ビスラマ語
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 バヌアツの旗 バヌアツ
言語コード
ISO 639-1 bi
ISO 639-2 bis
ISO 639-3 bis
テンプレートを表示

ビスラマ語(ビスラマご、Bislama)はメラネシア・ピジンに分類される一言語。バヌアツ共和国の公用語。英語フランス語が交じり合い、変化して生まれた言語。正書法はまだ確立していない。

言語名[編集]

Bislamaの名は、ポルトガル語で「海のちびすけ」を意味したアカミシキリ(ナマコの一種)の呼称bicho do marがフランス語を経てピジン化したもの。

言語名別称[編集]

  • ビシュラマ語、ビシュラマー語(Bichelamar)
  • ビーチ・ラ・マー語、ビーチラマー語、ビーチラマール語(Beach-la-Mar)
  • ベシュドメール語(bêche-de-mer)
  • Banks-Inseln

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]