ビオコヴォ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マカルスカの町の沖合から見たビオヴォ山脈。背後に最高峰のスヴェティユレ山(Sveti Jure、1830m)、その前にヴォシャツ山(Vošac、1422m)が見える。
マカルスカの町にあるビオコヴォ自然公園ビジターセンター。

ビオコヴォ山脈クロアチア語: Biokovo)は、クロアチアダルマチア地方にある山脈で、スプリト=ダルマチア郡マカルスカの町の背後にそびえている。クロアチアで一番高いディナラ山en:Dinara、標高1830m)に次いで二番目に高いスヴェティユレ山hr:Sveti Jure、1762m、スヴェティユレは「ゲオルギオス (聖人)」の意味)がある。山脈の大部分はビオコヴォ自然公園になっていて、様々な登山道が整備されているだけでなく、国道8号線のポドゴラ(Podgora)からスヴェティユレ山までは自動車道路も通じている。マカルスカの中心街の海に面した通りに、「ビオコヴォ自然公園ビジターセンター」(Javna Ustanova Park Prirode Biokovo)がある。 [1]

脚注[編集]

  1. ^ ビオコヴォ自然公園 (クロアチア語・英語)