ヒューナーテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒューナーテスト: Huhner test )は、不妊症の検査の一つでin vivoで施行される精子頸管粘液適合試験のことである。性交後試験、postcoital testとも呼ばれる[1] [2]

概要[編集]

排卵日に合わせて性交を行わせ、2~3時間後に受診し、後膣円蓋の貯留液、頸管粘液を採取し、顕微下で精子の有無と運動率を観察する[1][2]。後膣円蓋の潮流液に精子を認めれば、確実に膣内に射精できておりかつ無精子症でないことを否定でき、頸管粘液で25個以上/HPF認められれば、本試験陽性とされる[1][2]

ヒューナー試験後の流れ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 南山堂医学大辞典 第12版 ISBN 978-4525010294
  2. ^ a b c 伊藤正男 、井村裕夫、 高久史麿 『医学書院医学大辞典 第2版』、2009年ISBN 978-4260005821
  3. ^ 病気がみえるVol.9 「婦人科・乳腺外科」 メディックメディア社発行 ISBN 978-4896324624

関連項目[編集]