ヒメシャクナゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメシャクナゲ
Andromeda polifolia Japan 1.JPG
福島県田代山湿原 2010年6月
左右の淡緑色の羽状複葉は別植物(チングルマ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ヒメシャクナゲ属 Andromeda
: ヒメシャクナゲ A. polifolia
学名
Andromeda polifolia L.
和名
ヒメシャクナゲ(姫石楠花)
英名
Bog-rosemary

ヒメシャクナゲ(姫石楠花、学名:Andromeda polifolia )はツツジ科ヒメシャクナゲ属の常緑小低木。別名、ニッコウシャクナゲ(日光石楠花)。

特徴[編集]

は地上を這い、上部が斜上して高さは10-30cmになる。は互生し、葉の形は広線形から狭長楕円形で、長さ1.5-3.5cm、幅3-7mmになる。縁は裏面にまくれ、葉裏は白みを帯びる。

花期は6-7月。枝の先端に2-6個のピンク色のからなる散形花序をつける。花柄は直立して長さ1-2cmになり、その先端に下向きに長さ5-6mmのつぼ形の花冠をつける。花柄、萼片もピンク色になる。花冠は浅く5裂し、裂片は反り返る。雄蕊は10本ある。果実は径3-4mmの蒴果となる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州中部以北に、世界では北半球の寒冷地に広く分布し、寒地の湿原に生育する。

ギャラリー[編集]

葉は裏面に反り返る。 

下位分類[編集]

  • カラフトヒメシャクナゲ Andromeda polifolia L. f. acerosa Hartman
  • シロバナノヒメシャクナゲ Andromeda polifolia L. f. leucantha (Takeda) Takeda ex H.Hara

参考文献[編集]