ヒフキアイゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒフキアイゴ
ヒフキアイゴ
ヒフキアイゴ Siganus unimaculatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ニザダイ亜目 Acanthuroidei
: アイゴ科 Siganidae
: アイゴ属 Siganus
: ヒフキアイゴ S. unimaculatus
学名
Siganus unimaculatus
(Evermann et Seale,1907)
和名
ヒフキアイゴ
英名
Blotched foxface

ヒフキアイゴ(火吹藍子、学名Siganus unimaculatus)は、スズキ目・アイゴ科に分類される魚の一種。西太平洋サンゴ礁域に生息する海水魚で、鮮やかな体色から熱帯魚として飼育されることもある。分布域に入る南西諸島ではガラサーアケーとも呼ばれる。

成魚は全長20cmほどで、アイゴよりやや小型である。体は平たく側扁し、口吻は前下に突き出している。他のアイゴ科魚類と同様に背鰭・腹鰭・臀鰭には太く鋭いがあり、刺されると激しく痛む。

頭部と胸部は白いが、目と鰓蓋に黒の斜め帯が入る。胴体は黄色地に黒い斑点があり、形や大きさは個体により異なる。なお斑点が全くないものは別種 S. vulpinus Schlegel et Müller,1845として分類されているが、これらを同種とみる見解もある。胴の片側だけ黒斑がある個体も報告されている。また、夜間は胴体が茶褐色のまだら模様に代わり、これは保護色と考えられている。

和名は突き出した口吻が「ひょっとこ」のようで、火を吹いているように見えることによる。英名にある"Foxface"(フォックスフェイス : 「キツネ顔」の意)も同様に口吻を指した呼称である。

南西諸島からオーストラリア北西部まで、太平洋西部の熱帯海域に分布する。サンゴ礁海藻の多い岩礁の海に生息するが、汽水域に入ってくることもある。 幼魚は数百尾ほどの群れを作るが、成魚はつがいで行動していることが多い。雑食性だが海藻を好んで食べる。

類似種 Siganus vulpinus。胴に黒斑がない以外はヒフキアイゴに似る

参考文献[編集]