パフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パフ』(原題『Puff, the magic dragon』)は、アメリカフォークソング・グループピーター・ポール & マリーによる楽曲。日本では童謡として親しまれている。

概要[編集]

『パフ』の歌詞は1959年、レナード・リプトン (Leonard Lipton) が19歳の時、オグデン・ナッシュ (Ogden Nash) の詩 "Custard the Dragon" の一節 "Really-O, Truly-O, little pet dragon." に影響されて作られた。学友のピーター・ヤロウ (Peter Yarrow) が歌詞を加えて作曲し、1961年からピーター・ポール&マリーの曲として演奏されるようになった。その後、1963年にレコーディングされ、大ヒットした。

歌詞は、不老ドラゴンパフと少年ジャッキー・ペーパーとの交流と別れを描いている。舞台はおとぎの国 Honah Lee の海。『パフ』の名前はドラゴンの不思議な鳴き声に由来している。

一説では少年ジャッキー・ペッパーがパフの前に現れなくなったのはジャッキーがベトナム戦争に行き戦死したためだと解釈される。この解釈によりこの曲は反戦歌とも考えられる。米国ではドラッグ・ソングと曲解され、ヒッピー聖歌になっているとの噂が流れた。マリファナ所持に極刑を科しているシンガポールなどで放送禁止になる事態もあった。作詞者はこれを強く否定し、ステージ上でも観客に無実をアピールし続けた。

1978年から、この曲を題材にとったアニメシリーズが放映されている。パフの声はバージェス・メレディス (Burgess Meredith) があてた。

また、"Puff the Magic Dragon" はベトナム戦争においてAC-47/AC-130攻撃機を指す米軍スラングにもなった。

日本において[編集]

『パフ』は小学校三年生向けの音楽教科書に掲載され、また幼児向け番組で放映されるなど子供向けの切ない曲としての印象が強いが、この曲をフォークソングとして知った世代にはベトナム戦争に関わる反戦歌と受け取られていることも多い。1985年10月9日にナッシュピルで行なわれたコンサート「Peter, Paul and Mary 25th Anniversary concert」にて、ピーター自らが「歌詞の解釈に誤解があるようだが、他意はなく、子どもの成長の歌だ」という内容のコメントをしている。

日本語詞は芙龍明子教育芸術社『小学校の音楽3』使用)、野上彰(NHK教育「おかあさんといっしょ」使用)、中山知子のものなどが存在する。

また、日産・サニー(1990年代中頃)やNECのパソコンのCMで起用された。

声優・歌手の國府田マリ子が親友でラジオパーソナリティーの南かおりとオリジナルの英語詞、ハワイアンアレンジでカバーし、バックのウクレレ演奏を高木ブーが担当した。

現在は、英語詞版の曲が、TBSテレビの番組『時事放談』のエンディングテーマとして使用されている。

ピンク・マルティーニ由紀さおりと共演して話題となり世界的にヒットしたアルバム『1969』にも、由紀が一部日本語詞・一部英語詞で歌う同曲が収録。

絵本[編集]

2007年、本曲を題材にしたCD付き絵本『Puff, the Magic Dragon』(作:Peter Yarrow, Lenny Lipton/絵:Eric Puybaret/出版:Macmillan Children's Books/ISBN 978-0230700642)が出版され、100万部を売り上げた[1]。日本語訳はさだまさし訳による『魔法のドラゴン パフ』(出版:武田ランダムハウスジャパン/ISBN 978-4270002681。2008年)がある。

脚注[編集]

  1. ^ Bob Dylan Lyrics Inspire New Children's Book、2010年2月4日、gibson.com。

関連項目[編集]