バンジャマン・ビオレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンジャマン・ビオレ、2010年

バンジャマン・ビオレー (Benjamin Biolay,1973年1月20日 - )は、フランスヴィルフランシュ=シュル=ソーヌ出身の歌手・作曲家・ミュージシャン・プロデューサー。妹のコラリー・クレモンも歌手で、彼女の二枚のアルバムをプロデュースしている。女優キアラ・マストロヤンニと2002年に結婚し、一女アンナをもうけ2005年に離婚。

彼の低いキーで歌うやり方は、エティエンヌ・ダオのスタイルに似ていると言われる。ミュージシャンのケレン・アンとともに、自身の最初の2枚のアルバムの作曲とプロデュースをした。このコンビで作曲・プロデュースした、往年の歌手アンリ・サルヴァドールのアルバムの大ヒットは記憶に新しい。それ以来、フランス音楽界の売れっ子プロデューサーであり、ジュリエット・グレコジュリアン・クレールフランソワーズ・アルディエロディー・フレジェ(セカンド・アルバム;2006年)やイザベル・ブーレイ(2000年) などのプロデュースをした。作曲のほかギター、ストリング、管楽器、キーボードなどの楽器を自分でも演奏し、歌も歌い、プログラミングも担当する、現代フランスを代表する音楽プロデューサーである。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ作品

  • Rose Kennedy (2001)
  • Remix EP (2001)
  • Négatif (2003)
  • Clara et Moi (2004)
  • A l'Origine (2005)
  • Trash Yéyé (2007)
  • la Superbe (2010)

キアラ・マストロヤンニ参加作品

  • Home (2004)

参考文献[編集]

ELLE(フランス)誌;“ULTRA BIOLAY”,pp201~202, 17,SEPTEMBRE 2007   

外部リンク[編集]