バルトロメオ・ヴェネト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルトロメオ・ヴェネト
Bartolomeo Veneto
バルトロメオ・ヴェネト画『フローラ』
死没 1531年12月日[1]
イタリアの旗 イタリアトリノ
国籍 イタリア人
著名な実績 肖像画、油彩画
有名な作品(業績) 『リュートを弾く女』、『遊女』
運動・動向 ヴェネツィア派

バロトロメオ・ヴェネトBartolomeo VenetoVenetiano)、生年未証)はイタリア、ヴェネツィア派の肖像画家。ヴェネツィア、ヴェネト州ロンバルディア州にて16世紀初頭に活動した画家である。その出身から、バルトロメオ・ヴェネツィアーノバルトロメオ・ベネトとも呼ばれる。生年は不明だが、1502年から没年の1531年まで活動していたことが明らかとなっている(没年を1546とする説や不明とする資料もある[2]。 )。代表作に『リュートを弾く女』(1512年,ボストン,イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館所蔵)、『遊女』(フランクフルトアムマイン美術館所蔵)がある。

概要[編集]

彼の研究は当時の資料が極めて少なく、その大部分が彼の作品に乗っている署名や日付、インスクリプションなどそこに記されたものに限る[3]

生涯[編集]

彼の初期の作品は小さめの信仰的な作品であったが、後に流行的な肖像画家となった。現存する最古の作品である『処女と子供』[4]。(1502年、ヴェネツィア、個人蔵)に残された記述に依ると「バルトロメオ、半分ヴェネツィア人で半分クレモナ人」と記されている。これはおそらく彼の両親を示している。この作品は明らかにジョヴァンニ・ベリーニとその工房の影響を示すが、少し後の作品の『処女と子供』(1505年ベルガモ)に見られる処女のくっきりとした被り物や強調された地形の線のアクセントはヴェネトのベリーニからの初期の光と空間における逸脱を示している。1510年の『処女と子供』(ミラノ県)に残された銘によると彼はジェンティーレ・ベリーニの弟子であり、それは彼の初期の作品に見られる堅さと平坦さによって断定される。ジョヴァンニ・ベリーニの影響は『割礼祭』(1506年ルーヴル美術館所蔵)の中でも見ることができるが、一方で一貫した圧力で描かれた表面の模様と線状の掛け布と輪郭はジェンティーレ・ベッリーニに近い。

1505年、もしくは1508年といわれるフェラーラのエステ城における画家としての経験はおそらく彼の画風に見られる装飾的な強調点を助長した。半分の長さの『男性の肖像』(1510年フィッツウィリアム美術館所蔵)では高価な物の印象が絵の全体の表面に伸びるよう座っている人物が深い赤のカーテンに対して選ばれている。正確なレイアウトと非常に正確な服装の細部に渡る注意はヴェネトの聖物に見られる特徴である。

1512年、おそらくヴェネトはパドヴァ県におり、1520年から彼は多くの重要な作品の委託を受けたミランにいた。二流のミラノ人による絵画文化は15世紀後半にてレオナルド・ダ・ヴィンチによって活性化し、さらに彼の後継者であるアンドレア・ソラリによって発達した。ヴェネトのこの文化に対する反応は素早かった。その証拠に『リュートを弾く女』(1520年ブレラ美術館所蔵、もう一つの自筆の物は1512年,ボストン,ガードナー美術館に所蔵されている。)は新しい構造的一貫性と自由を与えたくっきりとした明暗法に特徴づけられている。これらの特徴は半分の長さの絵画の連作である『洒落た服を着た若い男性』(1520年、ワシントンD.C.ナショナル・ギャラリー (ワシントン)所蔵、ヒューストンヒューストン美術館所蔵、ローマバルベリーニ城所蔵)にも表れている。一方でヴェネトはこれらの絵画に細かい装飾に対する興味を示し続けた。座っている人物の顔に掛かる微かな光の様子は新しい心理的な示唆でレオナルドを連想させる。さらに後の二つの絵画はさらなる形態的な進歩を遂げている。『女性の肖像』(1530年バッキンガムシャーメントモールタワー所蔵、1977年5月25日ロンドンサザビーズで売られる。)と『ルドヴィコ・マルティネンゴの肖像』(1530年、ロンドン、ナショナル・ギャラリー (ロンドン)所蔵)はどちらも3クウォートの長さで、それと共に柔らかく流動的な筆の流れとより良質な質量と深さと動きが見られる。これらの要素はヴェネトがティツィアーノ・ヴェチェッリオの肖像画法に対して意識していることを示すが、複雑な服装と仄暗い赤の派手な使い方は彼の若い頃から続いている。

資料によって確認されたヴェネトの1531年トリノでの死は彼がいくらかそこで過ごしたことを示唆するが、彼は1530年6月にミラノでブレシア県の付近の貴族であるマルティネンゴを描いたことから、彼がそこで活動していたことが分かっている。彼によって描かれた絵画は現在モデナ県エステンセ・ギャラリー、ミラノ県のアンブロジアーナ図書館ウィーンアルバティーナに保存されている。

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ oxford art online 2010/8/19アクセス
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 “ベネト”http://japan.eb.com/rg/article-10719800[アクセス日: 2010.8.19]
  3. ^ oxford art online 2010/8/19アクセス
  4. ^ a Virgin and Child、『聖母と子供』Madonna and Childとも呼ばれる。 http://arts.jrank.org/pages/14534/Bartolomeo-Veneto.html

参考資料[編集]

  • oxford art online (2010/8/19アクセス)。

外部リンク[編集]