バルセロナ・スーパーコンピューティング・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルセロナ・スーパーコンピューティング・センター英語: Barcelona Supercomputing Center(略称 BSC)、スペイン語: Centro Nacional de Supercomputación(略称 CNS))は、スペインバルセロナに所在するスーパーコンピュータの研究機関である。

沿革と運営[編集]

センター内に鎮座するマレノストルム

センターは2005年4月1日に設立された。カタルーニャ工科大学(UPC)の敷地内にあり、Torre Girona と呼ばれたかつての教会堂を所屋として利用している。センターは、スペイン教育科学省(51%)、カタルーニャ州政府(37%)、カタルーニャ工科大学(12%)からなるコンソーシアムによって運営されており、代表者はマテオ・ヴァレロ (Mateo Valero。センターは、IBMによるセル・マイクロプロセッサ (Cell (microprocessor)の開発に貢献している[1]。センターには2005年から2011年にわたり、毎年550万ユーロの予算が配当される。

このセンターの内部には、2004年にスペイン政府とIBMが共同で建造したスーパーコンピュータ「マレノストルム」が、巨大なガラスケースの中に設置されている。マレノストルムは建造以後2007年頃までは、世界の上位10位以内に入る屈指の処理速度を持つスーパーコンピュータであった。中世の教会堂と最先端科学技術との取り合わせが注目され、マスコミやインターネットなどでも伝えられた[2]

[編集]

外部リンク[編集]