バイコヌール宇宙基地31番射点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Site 31/6
A Soyuz-2ロケット
A Soyuz-2ロケット
基地名 バイコヌール宇宙基地
位置 TBC
略称 LC-31/6
運営者 RVSN, VKS, RKA
総打ち上げ回数 TBC
発射台数 1
最小/最大
軌道傾斜角
49° – 99°
打ち上げ歴
状態 現役
打ち上げ回数 TBC
初打ち上げ R-7A, 1961年1月14日
最終打ち上げ グローバルスター-2 F1, 2010年10月19日
関連ロケット R-7A
ボストーク
ボスホート
Polyot
Molniya
ソユーズ
ソユーズL
ソユーズU (現)
ソユーズU2
ソユーズFG/フレガート (現)
ソユーズ2 (現)

バイコヌール宇宙基地31番射点(LC-31/PU-6[1]、Site 31/6)はバイコヌール宇宙基地にあるロケット発射施設。

初の使用は1961年1月14日のR-7A大陸間弾道ミサイル試験ミッションだった。現在はソユーズFG/フレガートソユーズUソユーズ2の打上げに使用されている。

1970年代、80年代には有人飛行にも何度か使用されたことがある。

国際宇宙ステーション(ISS)ミッションのソユーズロケットの打上げは、バイコヌール宇宙基地1番射点と、この31番射点の2箇所だけが使われている。ISSミッションに初めて使われたのは、2009年2月のプログレスM-66の打ち上げからであり、2012年10月にはISSミッション初の有人打ち上げもソユーズTMA-06Mで行われた。

参考文献[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯45度59分46秒 東経63度33分51秒 / 北緯45.99611度 東経63.56417度 / 45.99611; 63.56417