ハリー・ムリシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・ムリシュ
Harry Mulisch
Harry Mulisch 2010.JPG
Harry Mulisch
誕生 1927年7月29日
オランダの旗 オランダハールレム
死没 2010年10月30日(満83歳没)
オランダの旗 オランダアムステルダム
職業 作家
国籍 オランダの旗 オランダ
ジャンル 小説・随筆・詩
代表作 天国の発見
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ハリー・ムリシュHarry Mulisch, 1927年7月29日 - 2010年10月30日[1])は、オランダ作家であり、ヘルマンとリーヴと共にオランダ戦後の三大作家の一人とされる。

人物[編集]

ハールレムに生まれ、1958年からはアムステルダムに在住。父はオーストリア=ハンガリーの出身で、第一次大戦の後にオランダに移住し、第二次大戦におけるドイツ占領下で、ユダヤ人の没収財産の処理を行ったドイツの銀行に勤めた。母はユダヤ人。

父とナチスの繋がりにより、ムリシュと母は強制収容所に送られることはなかった。両親がこのように微妙な地位であったことから、ムリシュは自分は第二次大戦自身であると発言したことがある。

2010年10月30日、癌のためアムステルダムの自宅で死去。83歳没[1]

作品における主題[編集]

第二次世界大戦についての作品が多い。戦時中に父はドイツ側の仕事をしたため、戦後に3年間の懲役を受けた。ムリシュの人格形成期のほとんどは戦時中であったので、その影響は彼の人生や作品に大きな影響を及ぼしている。また、ギリシャ神話カバラなどのヨーロッパの伝説・神話や、政治思想も作品に取り込まれている。

代表作の一つ『De Aanslag 』(1982年)が1986年に『追想のかなた』の名で映画化され、これがアカデミー外国語映画賞を獲得したことにより、ムリシュは国際的にも有名になった。他の代表作に、『De Ontdekking van de Hemel (天国の発見)』(1992年)がある

邦訳著書[編集]

小説[編集]

脚註[編集]