ハリガネゴケ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリガネゴケ科
Bryum argenteum 2005.03.29 15.52.55.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: マゴケ植物門 Bryophyta
: マゴケ綱 Bryopsida
: マゴケ目 Bryales
: ハリガネゴケ科 Bryaceae

本文参照

ハリガネゴケ科(Bryaceae)は、マゴケ目(ホンマゴケ目)に属する蘚類の科。和名はカサゴケ科とされることもある。ハリガネゴケカサゴケ (Rhodobryum roseum) など数百種が所属する。

特徴[編集]

ハリガネゴケ科の多くの種では葉が卵状披針形である[1]。葉の中肋は葉の先端近くまで伸びるか先端に達する。蒴は蒴柄の頂端に付き、蒴歯は通常2列、内蒴歯はよく発達する[1]

[編集]

属数や種数は各文献によって異なるが、31属945種[2]や約10属660種[3]などとされる。日本には9属があり、分類は困難であるとされる[1]

主な属[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』(1972年、保育社)p.106
  2. ^ http://www.theplantlist.org/browse/B/Bryaceae/Haplodontium/ The Plant List] (2011年7月27日閲覧)
  3. ^ Wolfgang Frey, Eberhard Fischer, Michael Stech: Bryophytes and seedless Vascular Plants. In: Wolfgang Frey (Hrsg.): Syllabus of Plant Families - A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien. 13. Auflage. Bd. 3, Borntraeger, Berlin/Stuttgart 2009, ISBN 978-3-443-01063-8, S. 193ff..