カサゴケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カサゴケ
Rhodobryum roseum (a, 144641-474752) 0489.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: マゴケ植物門 Bryophyta
: マゴケ綱 Bryopsida
: マゴケ目 Bryales
: ハリガネゴケ科 Bryaceae
: カサゴケ属 Rhodobryum
: カサゴケ R. roseum
学名
Rhodobryum roseum
(Hedw.) Limpr.
和名
カサゴケ
英名
Rose-moss[1]

カサゴケRhodobryum roseum)は、ハリガネゴケ科に分類される蘚類

分布[編集]

ヨーロッパ、アメリカ西部などに分布する[2]。日本でも北海道本州日本海側などで見られるが稀である[2]。開けた森林や草地などに生育する[1]

形態[編集]

葉の先端付近にある鋸歯

長さ4-5mmの比較的大きい葉をもつ[1]。葉は輪生し、傘の部分には葉が18-22枚ある[1]。葉先は狭くとがり[2]、葉の上部には細かい鋸歯がある。胞子体をつけることはイギリスでは稀である[1]

染色体数はn=11[2]

利用[編集]

観賞用に栽培されることがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Atherton et al. (2010) p.600
  2. ^ a b c d 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』(1972年、保育社)p.117

参考文献[編集]

  • Ian D.M. Atherton, Sam D. S. Bosanquet, Mark Llawley (2010) Mosses and Liverworts of Britain and Ireland: A Field Guide. British Bryological Society ISBN 978-0-95613101-0