ハマオモト属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハマオモト属
Crinum asiaticum var. japonicum
ハマオモト(ハマユウ)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
: Amaryllideae
亜連 : Crininae
: ハマオモト属 Crinum
学名
Crinum
L.
タイプ種
Crinum americanum L.
英名
swamplily

ハマオモト属(ハマオモトぞく、学名: Crinum)は、約180を含むヒガンバナ科である。園芸方面では、学名仮名読みのクリナムで通用している。

形態・生態[編集]

多年生植物である。球根から育ち、葉のないに大きく美しいを付ける。は根元から出た長い帯状で、薄緑色から緑色である。

分布[編集]

南アフリカ等、世界中の熱帯または亜熱帯地域ので見られる。

人間との関わり[編集]

水槽で使われる種もある。

主な種[編集]

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 「ハマオモト属 Crinum」『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、73頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]