ハニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハニエル (Haniel) は、エノク書などに語られる天使の一人で、その名は「神の栄光」「神を見る者」を意味する。アナエル (Anael)、アニエル (Aniel)、アリエル (Ariel)、アニィエル (Anyel)、アウフィエル (Aufiel)、ハナエル (Hanael) 、ハミエル(Hamiel)など、数多くの別名がある。七人の大天使の一人。ハニエルは権天使力天使の序列を支配し、金星、十二月、天蠍宮双魚宮を支配する。

神秘主義の十の生命の樹では第七のセフィロト(対応天球は金星)に宿るとされる。

魔術において、ハニエルは寵愛を勝ち取るために呼び出される。また、彼は愛と美を支配しており、愛情、平和、調和を増やす呪文に出てくる。

参考資料[編集]

  • A Dictionary of Angels: Including the Fallen Angels. Davidson, Gustav.Free Press. ISBN 0-02-907052-X
  • ローズマリー・エレン・グイリー(著)大出健(訳)『図説 天使百科事典』原書房(2006年) ISBN 4562039795

関連項目[編集]