ハタタテダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハタタテダイ
Pennant coralfish melb aquarium.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: チョウチョウウオ科 Chaetodontidae
: ハタタテダイ属 Heniochus
: ハタタテダイ H. acuminatus
学名
Heniochus acuminatus
Linnaeus, 1758
英名
Pennant coralfish
近縁種ムレハタタテダイの群

ハタタテダイ Heniochus acuminatus旗立鯛、英名:Pennant coralfishペナント・コーラルフィッシュ)は、スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科に属する

形態[編集]

  • 全長 25cm。
  • 長く伸びた背鰭の棘条が特徴である。ごく稀に、この長く伸びた背びれが2又(2対?)分かれた個体もいる。(これが白い旗を立てているように見えることからその名がついた。)
  • 白地の体に2本の太い黒色帯が走る。背鰭の後半部・胸鰭・尾鰭は黄色である。

良く似た種

良く似た種で「ムレハタタテダイ」がいる。見分け方は、本種はあまり大きな群れを作らないが(ペア又は数匹規模)、ムレハタタテダイは大きな群れとなる。このほか、研究者でないとわからないが、背びれの棘の数が12本の場合ムレハタタテダイで1本少ないのが本種である。

生態[編集]

生息域が広い種である。サンゴ礁などに生息し、沖縄などでは普通に見られる。このほか、日本近海でも見ることができ、比較的寒さにも強い性格で、北限は青森県下北半島までとされている。本州では漁港の堤防の側面をつついたりしながら、泳ぎ回る。日本近海でも成魚を見ることができる。

分布[編集]

太平洋およびインド洋熱帯サンゴ礁などに生息し、日本近海でも見ることができる。北限は青森県下北半島までみられる。寒さにも強く稀に成魚が見られることもある。

人とのかかわり[編集]

観賞魚としても人気があり、様々なサイズが入荷してくる。しかし、水槽内ではこの自慢の長く伸びた背鰭も長く持たせるのは難しい。水質により溶ける場合があるからだ。しかし、ヒレ部が溶けても糸状に残った背びれの軟骨があれば落ち着き次第回復することもある。

極小の釣り針にオキアミかアミエビをつけて魚の前に垂らすと意外と簡単に釣れる。

関連項目[編集]

  • 魚の一覧
  • 熱帯魚
  • ツノダシ・・・姿がよく似ているが、ツノダシはハギの仲間であり、別種である。また、模様の入り方も異なる。