ハイチ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイチ王国
Royaume d'Haïti
ハイチ国 1811年 - 1820年 ハイチ共和国
ハイチの国旗
国旗
公用語 ハイチ語フランス語
首都 カパイシャン
国王
1811年 - 1820年 アンリ1世
変遷
王政樹立 1811年3月28日
南部に併合 1820年10月8日

ハイチ王国Royaume d'Haïti)は、かつてハイチの北部に存在した王国

概要[編集]

ハイチ帝国皇帝ジャック1世の暗殺後、ハイチは北部のハイチ国と南部のハイチ共和国に分裂していたが、1811年に北部ハイチ国大統領であったアンリ・クリストフアンリ1世を称し、自身を国王と宣言した。

アンリ1世は教育政策を重視し、アンリ法典を導入するなど国内統治に尽力した。しかし、その独裁的手法に反発が強まり、頻発する南部との紛争にも悩まされた。統治の末期には、国民の反国王感情が極限まで高まり、病気と虚弱体質で肉体的・精神的に弱っていたアンリ1世はクーデターを恐れるようになった。その結果、1820年10月8日、アンリ1世は拳銃自殺し、王国は崩壊した。

その後、当時の南部ハイチ共和国大統領ジャン・ピエール・ボワイエがこの地を併合し、ハイチは14年振りに再統一を果たした。

関連項目[編集]