ノジュラリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノジュラリン
識別情報
CAS登録番号 118399-22-7
日化辞番号 J455.688G
KEGG C15713
特性
化学式 C41H60N8O10
モル質量 824.96 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ノジュラリン-R(nodularin-Rノズラリン-R)は、プランクトン性藍藻(シアノバクテリア)Nodularia spumigenaによって生産される環状非リボソームペプチドのひとつである[1]。このシアノバクテリアは、世界中の汽水域においてブルームを形成する。ノジュラリン-Rはペンタペプチドであり、メチルデヒドロブチリンやβ-アミノ酸のADDA((all-S,all-E)-3-Amino-9-methoxy-2,6,8-trimethyl-10-phenyldeca-4,6-diene acid)といった複数のまれな非タンパク質性アミノ酸を含んでいる。ノジュラリン-Rはシアノトキシンであり、野生動物、家畜、人間に対して健康上のリスクを引き起こす。ノジュラリン-Rは強力なヘパトトキシン英語版(肝臓毒)であり、肝臓に深刻な損傷を引き起こす。

脚注[編集]

  1. ^ Sivonen K, Kononen K, Carmichael WW, Dahlem AM, Rinehart KL, Kiviranta J, Niemela SI (1989). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=202992 “Occurrence of the hepatotoxic cyanobacterium Nodularia spumigena in the Baltic Sea and structure of the toxin”]. Appl. Environ. Microbiol. 55 (8): 1990–5. PMC 202992. PMID 2506812. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=202992. 

関連項目[編集]