ネルソン・オルグレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネルソン・オルグレン

ネルソン・オルグレンNelson Algren1909年3月28日 - 1981年5月9日)は、アメリカ合衆国作家ミシガン州デトロイトで生まれ、イリノイ大学卒業。『黄金の腕』などの長編小説で国際的に高い評価を受けたが、地元シカゴでは歓迎されなかった。1950年全米図書賞受賞。1949年頃、渡米したシモーヌ・ド・ボーヴォワールと恋愛関係にあったが、ボーヴォワールがサルトルのもとに戻ったため恋愛は終わった。

日本においては寺山修司に影響を与えたことでも知られる。1969年に来日している。

著書[編集]

  • 朝はもう来ない - Never Come Morning (1942年)宮本陽吉訳 パトリア 1958 のち河出書房新社 
  • 黄金の腕 - The Man with the Golden Arm (1949年) 高橋豊訳 早川書房、1956 のち文庫  
  • 荒野を歩め - A Walk on the Wild Side (1956年) 三谷貞一郎訳 晶文社 1975 
  • シカゴ、シカゴ - Chicago, the City on the make (1951年)中山容訳 晶文社 1988

原作作品[編集]

外部リンク[編集]