ニール・スミス (地理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニール・スミスNeil Smith1954年6月18日 - 2012年9月29日)は、スコットランド出身の地理学者。セント・アンドルーズ大学卒業後、渡米し、ジョンズ・ホプキンス大学大学院でデヴィッド・ハーヴェイに師事し、1982年に博士号を取得。ペンシルベニア大学コロンビア大学ラトガース大学を経て、ニューヨーク市立大学教授。

2012年9月29日、臓器不全のために死去[1]。58歳没。

著作[編集]

  • Uneven development: nature, capital, and the production of space, Blackwell, 1984, 2nd ed., 1990, 3rd ed., 2008.
  • The new urban frontier: gentrification and the revanchist city, Routledge, 1996.
  • American empire: Roosevelt's geographer and the prelude to globalization, University of California Press, 2003.
  • The endgame of globalization, Routledge, 2005.

共著・編著[編集]

  • Gentrification of the city, edited by Neil Smith and Peter Williams, Allen & Unwin, 1986.
  • Geography and empire, edited by Anne Godlewska and Neil Smith, Blackwell, 1994.
  • The politics of public space, edited by Setha Low and Neil Smith, Routledge, 2006.

脚注[編集]

[ヘルプ]