ニューギニアインパチェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューギニアインパチェンス
Impatiens hawkeri.jpg
ニューギニアインパチェンス
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウロソウ目 Geraniales
: ツリフネソウ科 Balsaminaceae
: ツリフネソウ属 Impatiens
: ニューギニアインパチェンス I. hawkeri
学名
Impatiens hawkeri
和名
ニューギニアインパチェンス

ニューギニアインパチェンス (学名Impatiens hawkeri)はツリフネソウ科多年生植物

概要[編集]

インパチェンスの仲間は19世紀にはアフリカ原産のものが知られていたが、1970年アメリカ合衆国の探検隊によってニューギニア島亜熱帯高地に自生している、インパチェンス属の植物が採集された。 これを元に園芸品種として改良されたものが「ニューギニアインパチェンス」と呼ばれる。

「アフリカホウセンカ」と呼ばれるインパチェンスより大株で、花も大きいのが特色である。

育て方[編集]

インパチェンスが花壇材料として生産され、取り扱われるのにたいして、ニューギニアインパチェンスは鉢植えとして生産、出荷される。夏に市場に出回る植物であるが、多年草で、10℃以上のところであれば越冬できる。冬季は霜の下りない室内などに取り込んで管理する。 差し芽で増やすことができる。

関連項目[編集]