ツリフネソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツリフネソウ属
Tsurifuneso 06d0142csv.jpg
ツリフネソウImpatiens textori
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウロソウ目 Geraniales
: ツリフネソウ科 Balsaminaceae
: ツリフネソウ属 Impatiens
  • 本文参照

ツリフネソウ属(学名:Impatiens)は、ツリフネソウ科の属のひとつ。

日本では、ツリフネソウキツリフネハガクレツリフネなどが自生する[1]

ホウセンカアフリカ原産のアフリカホウセンカ、園芸用に品種改良したニューギニアインパチェンスなどもよく栽培されている。

特徴[編集]

草本だが、基部が木質科する種もある[2]。葉は互生、または対生。花は葉腋から単独に出るか、散房状に出る。大型で美しいものが多い。花弁は三か、希に五。下方のものが袋状になって、下に曲がるか渦巻き状になる距を持つ。科に共通の特徴として、果実は縦に避け、それぞれ渦巻き状に巻くように撥ね、種子を飛ばす。

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青山潤三 『決定版 山の花1200-山麓から高山まで』 平凡社、2003年8月、194頁。ISBN 4582542336
  2. ^ 佐竹他(1982)p.235

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本II 離弁花類』,(1982),平凡社