ニッポン樫鳥の謎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

ニッポン樫鳥の謎』(ニッポンかしとりのなぞ、The Door Between )は、エラリー・クイーンの長編推理小説。1937年に刊行された。

「単行本化の前年に、雑誌『COSMOPOLITAN』に掲載された際は『日本扇の謎』(The Japanese Fan Mystery )と題されていた」、という説が第二次世界大戦前からある。日本では事実と仮定して「国名シリーズ」最後の作品としている。ただし、『エラリイ・クイーンの世界』の本文と作品リストの両方に、雑誌掲載の事実は明記されているが、題名に関するコメントはまったくないので、実際には改題はなかったと思われる。

日本語訳は、他に『琉球かしどりの秘密』、『日本庭園殺人事件』、『日本庭園の秘密』などの題名でも刊行されている。