ニック・カーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

“ニック”ニコラス・ハンティントン・カーター(Nicholas Huntington "Nick" Carter)はアメリカで多くの作家によって書き継がれてきた架空の探偵、スパイ。別名はキルマスター

単独の作家の手によるものではなく、19世紀末から現代にかけて多くの作家がニコラス・カーターその他のペンネームで創作を続けている。そのため、当初は探偵として描かれていたが、次第に冒険活劇のヒーローとなり、1960年代からはスパイとして活躍している。

初出は「ニューヨーク・ウィークリー」誌(1886年9月18日号)の「老探偵の弟子、あるいはマディソン・スクエアの謎めいた事件(The Old Detective's Pupil; or, The Mysterious Crime of Madison Square)」。これはストリート&スミス社の社長であったオーモンド・G・スミスの依頼で、ジョン・ラッセル・コリエルが書いたものである。たちまち人気を博し、ラッセルはこの後2編しか書かなかったが、スミスは他の作家にも執筆を依頼して1915年には単独タイトルのパルプ誌「ニック・カーター・ウィークリー(Nick Carter Weekly)」誌が出版されるようにまでなった。

カーターの登場する小説は1950年代を通じて執筆され続け、1943年から1955年にかけて「探偵ニック・カーター(Nick Carter, Master Detective)」としてラジオドラマ化された。

1915年までに少なくとも1261冊が出版されたらしい。探偵ニック・カーターの代表作は、1899年の短編集「The Detective's Pretty Neighbor」とされ、この短編集はエラリー・クイーンの手によって発掘されて再評価された。

1960年代、007ことジェームズ・ボンドシリーズの成功をみて、ニック・カーターはスパイ・キルマスター(Killmaster)として新たな冒険小説シリーズの主人公として生まれかわった。

キルマスター・シリーズの第一作「走れスパイ(Run Spy Run)」は1964年に発表され、それ以降1990年まで260編以上の作品が書かれた。

人物[編集]

探偵[編集]

老探偵ジム・カーターの息子。

変装を得意とし、シャーロック・ホームズと同様に論理的思考によって事件を解決する。

スパイ[編集]

アメリカ合衆国の国益維持のための秘密機関「AXE」(斧の意もある)に所属するスパイ・N3号。政府から殺人許可証を発行されている4人のキルマスターの一人。

無類のプレイボーイで、愛用の拳銃はルガーP08

邦訳作品[編集]

  • 『キルマスター1 -スパイの城』 Spy Castle:ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター2 -走れスパイ』 Run, Spy, Run :ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター3 -龍のスパイ』 The China Doll :ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター4 -13番目のスパイ』 The 13th Spy :ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター5 -地獄へ14秒』 14 Seconds to Hell :ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター6 -死の頭巾』 Hood of Death :ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター7 -黄金スパイ』 Rhodesia:ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター8 -海賊スパイ』 The Judas Spy:ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター9 -ハイジャック』 Time Clock of Death :ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター10 -遠隔スパイ』 The Mind Killers :ハヤカワ・ミステリ
  • 『キルマスター11 -リオ撃破』 Checkmate in Rio :ハヤカワ・ミステリ
  • 『アムステルダムの死 キルマスター』Amsterdam :久保書店QTブックス

関連項目[編集]