ニコライ・ノヴォシリツェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nikolay Nikolayevich Novosiltsev.jpg

ニコライ・ニコラエヴィチ・ノヴォシリツェフ伯爵ロシア語:Николай Николаевич Новосильцевラテン文字表記の例:Nikolai Nikolaevich Novosiltsev1761年 - 1836年)は、帝政ロシア政治家貴族

概要[編集]

裕福な貴族の私生児として生まれる。1783年から1796年まで軍務に就く。この間、1794年に起きたコシチュシュコの反乱では鎮圧に加わっている。1796年に退役し、ロンドンに在住した。

パーヴェル・ストロガノフ伯爵とは姻戚関係にあり、この関係も背景にあって、ロシア皇帝アレクサンドル1世の治世当初、皇帝の「若き友人」の一人として改革を企図し「秘密委員会」に参加した。

1803年ロシア科学アカデミー総裁に就任する。その後、司法大臣や法制委員会議長を歴任し、アレクサンドル1世の外遊にも随行した。1805年には自由文学愛好科学芸術協会名誉会員に選出されている。

1804年から1815年にかけて外交官として西欧列強と渡り歩き、この間、ワルシャワ大公国、後にロシア帝国の一部となったポーランド立憲王国総督として、アレクサンドル1世の弟でポーランド副王のコンスタンチン・パヴロヴィチ大公を補佐しロシア化政策を断行し、ポーランド独立運動を抑圧した。

1832年には国家評議会議長、大臣委員会議長を歴任。秘密警察であるオフラーナの組織化を指導した。1835年伯爵に叙爵される。

先代:
アンドレイ・ニコライ
ロシア科学アカデミー総裁
1803年1810年
次代:
セルゲイ・ウバーロフ