パーヴェル・ストロガノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーヴェル・ストロガノフ

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ・ストロガノフ伯爵ロシア語:Павел Александрович Строгановパーヴィル・アリクサーダラヴィチュ・スロトーガナフ;ラテン文字転写:Pavel Alexandrovich Stroganov, 1774年6月7日 - 1817年6月10日)は、帝政ロシア貴族軍人政治家ロシア帝国陸軍中将

ロシア皇帝アレクサンドル1世侍従武官であり、アレクサンドルの治世当初、皇帝の「若き友人」の一人として、改革を企図し、アレクサンドルの即位直後、秘密委員会結成を主導した。立憲制導入と農奴制廃止をロシア改革の二大問題として捉えたが、皇帝と委員会のメンバーの間には次第に溝が生じ、アレクサンドルのフランス接近を批判し、1807年に委員会は解消した。ナポレオン戦争では歩兵師団長として出征している。