ナミキソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナミキソウ
Scutellaria strigillosa 5.JPG
山形県庄内地方 2012年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: タツナミソウ属 Scutellaria
: ナミキソウ S. strigillosa
学名
Scutellaria strigillosa Hemsl.
シノニム

本文記載

和名
ナミキソウ(波来草)

ナミキソウ(波来草、学名:Scutellaria strigillosa)は、シソ科タツナミソウ属多年草海浜植物

特徴[編集]

砂浜で細長い地下茎を伸ばしてふえる。高さは10-40cmになり、には毛があり4角になる。は質が厚く、長楕円形で先は円く、長さ1.5-3.5cm、幅1-1.5cmになる。縁には低い鈍鋸歯があり、両面に少し毛があり、短い葉柄をもって対生する。

花期は6-9月。は上部の葉腋に1個ずつつき、一方向に2個が向かって咲く。花冠は長さ2-2.2cmになる青紫色の唇形で、筒部は長く、基部で急に折れ曲がって直立する。は花時には長さ3mm、果時には5mmになる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、海岸の砂地に生育する。世界では、朝鮮、中国(東北部)、千島、樺太に分布する。

海岸の波打ちぎわに近い砂浜に生育することから、ナミキソウ(波来草)という[1]

ギャラリー[編集]

花冠 

シノニム[編集]

  • Scutellaria scordiifolia Fisch. ex Schrank subsp. strigillosa (Hemsl.) H.Hara
  • Scutellaria scordiifolia Fisch. ex Schrank var. pubescens Miq.

下位分類[編集]

  • エゾナミキ –(シノニム) Scutellaria strigillosa Hemsl. var. yezoensis (Kudô) Kitam.
-(標準名) Scutellaria yezoensis Kudô
  • シロバナナミキソウ Scutellaria strigillosa Hemsl. f. albiflora Kawano
  • ケナミキソウ Scutellaria strigillosa Hemsl. f. hirta (F.Schmidt) H.Hara

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『山溪ハンディ図鑑1 野に咲く花』p.175

参考文献[編集]