ドルオン・アンティゴーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドルオン・アンティゴーン(Druon Antigoon、または ドルーオン Druoon Antigoon)はアントウェルペンに住んでいたとされる伝説上の巨人である。ラテン語風に Antigonus と綴ることや、フランス語圏では Antigone と綴る場合がある。日本語表記では他に、アンチゴンなど。

The statue of the Brabo throwing the severed hand of Antigoon
アントウェルペン市庁舎前にあるブラボーの噴水。ブラボーがアンティゴーンの右手を河に投げ入れるところ。彫刻はジェフ・ランボー Jef Lambeaux による。1887年。

スヘルデ川の川岸の城に住む巨人ドルオン・アンティゴーンは、城付近を通り過ぎる船に通行料を求め、それに応じない者に対しては、その手を切り落として河へ放り捨てた。しかし、ついにローマの戦士シルヴィウス・ブラボーがアンティゴーンの息の根を止め、その手を切り落として河へ投げ捨てたという。現在のアントウェペン市庁舎前には、この伝説を主題とする記念碑「ブラボーの噴水」がある。

アントウェルペンの街の名は、これに由来するという民間語源がある。アントウェルペン#名前の由来を参照されたい[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

アントワープの手 - アントウェペン名物の手形のクッキー。