ドリナ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリナ川
Visegrad Drina Bridge 1.jpg
水系 ドナウ川
延長 346 km
平均流量 125 - 370 /s
流域面積 19,570 km²
水源 タラ川英語版ピヴァ川英語版
河口・合流先 サヴァ川
流域 ボスニア・ヘルツェゴビナセルビア
テンプレートを表示
流域河川

ドリナ川ボスニア語クロアチア語:Drina, セルビア語:Дрина)はセルビアボスニア・ヘルツェゴビナを流れるである。ディナル・アルプス山脈の大きなカルスト河川で、ドナウ川水系に属する。346kmの長さを有しサヴァ川の支流で、大部分がボスニア・ヘルツェゴビナとセルビアの国境となっている。ドリナの名はラテン語のDrinusや古代ギリシャ語のDreinosから来ているとされる。

地理[編集]

ドリナ川はタラ川英語版ピヴァ川英語版によって形作られ、ディナル・アルプス山脈に源を発する両河川が国境の村であるボスニア・ヘルツェゴビナ領フム村(Hum)・モンテネグロ領シチェパンポリェ村(Šćepan Polje)付近で合流する。タラ川の全長は144kmでそのうち110kmはモンテネグロ領内を流れ、最後の34kmはボスニア・ヘルツェゴビナとモンテネグロの国境を流れる。ドリナ川はボスニア・ヘルツェゴビナ北部を346kmにわたり流れ、途中でソコルル・メフメト・パシャ橋で有名なヴィシェグラードなどを通過するが、206kmはボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア両国の国境に沿って流れている。最後はボサンスカ・ラチャ村(Bosanska Rača)でサヴァ川に流れ込む。ディナルアルプスにあるタラ川の源流からサヴァ川の合流地点までは487kmほどになる。ドリナ川は航行可能な河川ではないが、タラ川とともにバルカン諸国の中でカヤックラフティングの地として人々をひき付けている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ドリナ川」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア