ドキドキ母娘レッスン 〜教えて♪Hなお勉強〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドキドキ母娘レッスン 〜教えて♪Hなお勉強〜
対応機種 Windows98/98SE/Me/2000/XP
発売元 TinkerBell
ジャンル アドベンチャー
発売日 2006年4月14日
価格 9,240円(税込み)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 13(ハーレムエンド含む)
セーブファイル数 99
ゲームエンジン C,system
メディア DVD-ROM
画面サイズ 800×600
BGMフォーマット WMA
キャラクターボイス 女性のみ
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
備考 NEC PC-9801/9821 シリーズは非対応(公式ページから)

ドキドキ母娘レッスン 〜教えて♪Hなお勉強〜』(ドキドキおやこレッスン おしえて えっちなおべんきょう)は、サイバーワークスのメインブランドであるTinkerBellから2006年4月14日に発売されたアダルトゲームである。

ストーリー[編集]

ある日、ゼミの先輩に自分の代わりに家庭教師をして欲しいと頼まれた主人公の生田敦は、アルバイト先へ向かう。門の前に立ち呼び鈴を鳴らすと、しばらくしてドアが開く。顔を覗かせた大人しそうな女性は、敦を見ると訝しそうに軽く顔を傾げた。敦は自己紹介後、家庭教師として訪れたことを告げる。この日から、敦の家庭教師としての生活が始まることとなった。

キャラクター[編集]

声優名はアダルトゲーム版 / 18禁OVA版の順。

生田 敦(いくた あつし)
声: - / ワンモアチャンス
主人公。先輩である一谷千鳥に家庭教師の代わりを頼まれ、引き受けることになる。
熊谷 亜里抄(くまがい ありさ)
声:あさり☆ / 遠野そよぎ
活発で運動好き。勉強嫌いであるが、以前は千鳥に懐いていたので渋々勉強していた。しかし、敦が家庭教師になると勉強することは放棄してしまう。明るく笑いを絶やさない性格で、陰湿な面はないが、甘えん坊。
熊谷 亜貴(くまがい あき)
声:杏露花梨 / 風華
亜里抄の母親。あまり人付き合いは上手くないが、家が近い佐藤那美とは仲が良い様子。自分から話し掛けることよりも、人の話の聞き手になることの方が多い。行動的な娘のことではあまり口を出さないが、勉強はしっかりして欲しいと思っている。母子仲は良く、現在の生活に不満は感じていない。人見知りの強い性格である。ちなみに旦那とはお見合い結婚。
佐藤 麻耶(さとう まや)
声:古都美琴 / 宅美RIO
勉強が得意で、家庭教師以前に学校トップの成績であるにも関わらず、母親から無理矢理敦を押し付けられる結果となる。そのため、敦に対してはどこまでも無愛想。礼儀正しく冷静な対応を行えるが、少し冷たい所がある。友達付き合いや恋愛などにもあまり興味はなく、勉強が全て。ちなみに服装は全ては母親のコーディネートである。水泳が苦手。
佐藤 那美(さとう なみ)
声:涼森ちさと / 海原エレナ
麻耶の母親。自分の娘にも家庭教師をしてくれと、半ば強引に主人公の了承を取り付ける。娘、夫共に非常に出来が良いため、殆ど手が掛からないので暇を持て余している。からかい甲斐のある主人公という新しい玩具を見つけて、ウキウキした様子。人をからかうのが好きだが、悪気はないので人に恨まれることもない。料理が上手。独身時代は看護師の職に就いていた。
一谷 千鳥(ひとつや ちどり)
声:天天 / AYA
敦に家庭教師の代わりを頼んでくる先輩。自分の代わりに頼むこともあり、敦のことはかなり信頼し、弟のような存在と思っている。面倒見が良く、多くの後輩に慕われ色々と相談も持ちかけられている。他人の相談事などには親身になって聞くが、自分の悩み事は人には話さず、自分で解決しようとする独立独歩な面もある。卒業間近であり彼氏持ちである。

スタッフ[編集]

  • 企画・シナリオ:フレーム
  • キャラクターデザイン・原画:すめらぎ琥珀
  • プロデューサー:旅人和弘
  • 主題歌
    • オープニングテーマ「ポケット」 - ボーカル:真理絵

18禁OVA版[編集]

2007年4月25日よりミルキーレーベルより発売。全2巻。

外部リンク[編集]