ドゥブロヴニク地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥブロヴニク地震(どぅぶろぶにくじしん)[1]は、1667年ラグーザ共和国(現在はクロアチア)のドゥブロヴニクで発生した地震。「1667年ドゥブロヴニク地震」(クロアチア語: Potres u Dubrovniku 1667)とも称される[2]

現代のクロアチア内において、記録が残っている直近2400年間のうち、最も壊滅的であった二大地震のうちのひとつである。地震はドゥブロヴニクの全域を破壊し、約3000人が震災により亡くなった。[3] 同市の教区司祭であったシモーネ・ゲタルディ(Simone Ghetaldi)も死亡、市内にあった建造物の4分の3以上が破壊された。

当時、ドゥブロヴニクはラグーザ共和国首都であった。この大地震は、同共和国の終わりの始まりを暗示した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 力武常次 監修『近代世界の災害』、国会資料編纂会、1995年、ISBN 4-906474-04-7.
  2. ^ Dubrovnik: A History By Robin Harris (英語)
  3. ^ Earthquake Monitoring and Seismic Hazard Mitigation in Balkan Countries by Eystein Sverre Husebye (英語)
  4. ^ Between the Double Eagle and the Crescent: The Republic of Dubrovnik by Zdenko Zlatar (英語)

外部リンク[編集]