ドゥアルテ (ギマランイス公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギマランイス公ドゥアルテの紋章

ドゥアルテ・デ・ポルトゥガル(Duarte de Portugal, 1515年10月7日 リスボン - 1540年9月20日 リスボン)は、ポルトガルの王族、ギマランイス公爵(duque de Guimarães)。マヌエル1世の息子の一人。

マヌエル1世とその2番目の妻でカトリック両王アラゴンフェルナンド2世カスティーリャ女王イサベル1世)の娘であるマリア・デ・アラゴンの間の第9子、六男として生まれた。父にとっては7番目の息子である。ドミニコ会修道士人文主義者のアンドレ・デ・ヘゼンデ(André de Resende)に教育を受け、狩猟を好み、音楽家としての才能も持っていた。

1537年にブラガンサ公ジャイメ1世の娘で又従姉にあたるイザベルと結婚した。イザベルは結婚に際し、婚資としてギマランイス公爵領を持参したため、ドゥアルテは第4代ギマランイス公爵となった。1540年にわずか24歳の若さで没し、リスボンのジェロニモス修道院に葬られた。

妻イザベルとの間に1男2女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Nobreza de Portugal e do Brasil – Vol. I, page 387. Published by Zairol Lda., Lisbon 1989.
先代:
テオドジオ1世
ギマランイス公
1537年 - 1540年
次代:
ドゥアルテ2世