テオドジオ1世 (ブラガンサ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テオドジオ1世Teodósio I, Duque de Bragança, 1510年 ヴィラ・ヴィソザ - 1563年9月22日 ヴィラ・ヴィソザ)は、ポルトガルの貴族、第5代ブラガンサ公

第4代公爵ジャイメ1世とその最初の妻でメディナ=シドニア公爵家出身のレオノール・デ・グスマンの間の長男。1532年に父からブラガンサ公爵家の家督を継いだ。1537年に同母妹のイザベルがポルトガル王マヌエル1世の息子ドゥアルテ王子と結婚した際、妹に婚資としてギマランイス公爵領を持たせ、ドゥアルテ王子にギマランイス公爵位を譲った。

1542年、父方の叔父レモス伯ディニスの娘イザベル(1513年 - 1558年)と最初の結婚をし、間に息子を1人もうけた。

1559年、コインブラ公ジョルジェ(ポルトガル王ジョアン2世の庶子)の孫娘ベアトリス・デ・レンカストレ(1542年 - 1623年)と再婚し、1男1女をもうけた。

  • ジャイメ(1560年 - 1578年) - アルカセル・キビールで戦死
  • イザベル(1562年 - 1626年) - 1604年、初代カミーニャ公爵ミゲル・ルイス・デ・メネゼスと結婚

参考文献[編集]

  • Nobreza de Portugal e do Brasil” – Vol. II, page 440/442. Published by Zairol Lda., Lisbon 1989.
先代:
ジャイメ1世
ブラガンサ公
1532年 - 1563年
次代:
ジョアン1世
先代:
ジャイメ1世
ギマランイス公
1532年 - 1537年
次代:
ドゥアルテ