トーンデーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーンデーン: ทองแดง1998年9月7日 - )は、タイ王国ラーマ9世(プミポン国王)の飼い犬で、11歳のメスの雑種犬。「トーンデーン」とはタイ語赤銅色を意味する。

略歴[編集]

プミポン国王が1998年9月にバンコクの病院を公務で訪れた際、近所の住民が世話をしていた野良犬4匹が当局に処分されることを聞き、国王命令で中止させた。そして同年12月に助けた野良犬が産んだ子犬1匹を引き取り、体毛が赤銅色だったことから、トーンデーンと名付けられた。

メディア化[編集]

その後、2002年に国王が自ら書いた著書『トーンデーン物語』(邦訳『奇跡の名犬物語』)は65万部のベストセラーとなった。さらに2004年には風刺漫画家のティワワット・パッタラクンワニットによって漫画化され、2006年には実写版DVD『クン・トーンデーン』も販売されるようになった。