トンドゥプ・ワンチェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トンドゥプ・ワンチェン(Dhondup Wangchen, 1974年 - )は、チベットの人物で、記録映像“Leaving Fear Behind”の製作者。2008年3月に青海省西寧で中国政府に逮捕され、2008年12月に「分離主義を扇動」した罪で6年の懲役刑を宣告された。

来歴[編集]

トンドゥプ・ワンチェンは1974年10月17日に、チベット北東部、アムドのBayen, Tsoshar(中国表記;青海海東地区)で農民の家族に生まれ、正式な教育は受けていない。若くしてラサインドへ旅行し、チベットへ帰郷後,チベットの現状を外の世界へ伝える事を固く決心する。

2007年10月から2008年3月にかけ、トンドゥプ・ワンチェンと助手のジグメ・ギャツオがチベット各地で極秘にインタビュー取材し、間もなく2人は3月23~26日に相次いで拘束された。2008年7月に“分裂主義を煽動した”罪と諜報活動の罪に問われて正式逮捕され、2009年12月に懲役6年の判決が下された。助手のジグメ・ギャツオは10月15日に仮釈放されたものの、厳しい監視下に置かれている。

チベット語で 「Jigdrel(ジグデル)-LEAVING FEAR BEHIND」というドキュメンタリー・フィルムは、チベットに住む100人以上のチベット人の生の声、たとえば北京オリンピックに対してどう感じているのか、置かれている政治的状況をどのように考えているのか、強制移住や中国政府による資源収奪の実態、教育・文化面での抑圧など、を極秘に取材し、取材したVTRを、ワンチェンの従兄弟であるスイス在住のギャルジョン・ツェトリンが編集をしたものである。 日本語および英語の字幕がつき、25分のネットムービーとして公開される。また世界30カ国でも上映されている。

チベット人団体と支援者たちは、トンドゥプ・ワンチェンの解放のためにネット署名を集めている。またSFT本部(Students for a Free TIBET HQ)および国境なき記者団(Reporters Without Borders )のHPでも署名がおこなわれている。

Manifestation à New York

外部リンク[編集]