トリニトロベンゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1,3,5-トリニトロベンゼン
Trinitrobenzene.svg
IUPAC名 1,3,5-トリニトロベンゼン
別名 TNB
分子式 C6H3N3O6
分子量 213.10 g/mol
CAS登録番号 [99-35-4]
形状 黄色結晶
密度 1.688 g/cm3, 固体
融点 122.5–123.2 ℃不安定型では61℃
沸点 315 ℃
爆薬としての性質
爆速 7,300 m/s, 仮比重 1.71
爆発熱 4.456k J/g
危険性

トリニトロベンゼン (trinitrobenzene) はベンゼン硝酸硫酸の混合物を、非常に強い条件下で作用させて作る爆薬。工業的には、2,4,6-トリニトロ安息香酸を脱炭酸させて合成する。1-クロロ-2,4,6,-トリニトロベンゼンをエタノール粉を作用させても生成する。化学式 C6H3N3O6 で1,2,3-、1,2,4-、1,3,5-の3種の異性体がある。1,3,5-トリニトロベンゼンは白色針状結晶でTNBともいい、トリニトロトルエン (TNT) より鈍感で爆発力が強い。しかし、生産費が高いので広くは使われていない。さまざまな化合物と付加物を形成する。メタノール中でナトリウムメトキシドと反応させると3,5-ジニトロアニソールを生成する。

関連項目[編集]