デュッベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デュッベルオランダ語dubbel英語double)は、ベルギービールの命名規則によるスタイルの1つ[1]ダブルとも呼ばれる。通常、液色は茶色。味わいはピルスナーよりも強く、トリペルよりもマイルドである。

歴史[編集]

デュッベルの起源は、1856年トラピスト会修道院ビール醸造所であるウェストマールが醸造したビールである。1836年12月10日以来、同修道院はとても甘くてアルコール度数が低い小麦ビールを醸造していた。しかしながら、この新しいビールは茶色の強いビールであった。1926年レシピを変え、より強いビールとした。1861年6月1日付けで修道院による販売の最初の文書記録が残っている[2]第二次世界大戦終戦後、修道院ビールはベルギー国内で有名になり、デュッベルの名称もいくつかの醸造所で採用されるようになる。21世紀初頭では、デュッベルあるいはダブルという名称はエールのスタイルの1つとして世界中で使用されている。

デュッベルの一例[編集]

トラピストビール[編集]

アビィビール[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Geert van Lierde et al., In het Spoor van de Trappisten ISBN 90-261-0704-8, page 25
  2. ^ Jef van den Steen, Trappist - Het Bier en de Monniken ISBN 90-5826-214-6, pages 33 & 41

外部リンク[編集]