ディーター・ヴィスリツェニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディーター・ヴィスリツェニーDieter Wisliceny1912年1月13日 – 1948年5月4日)は、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)隊員。「ユダヤ人問題の最終的解決」(ホロコースト)に重大な責任がある人物の一人。最終階級は親衛隊大尉(SS-Hauptsturmführer)。

略歴[編集]

東プロイセンのレグロヴケン(Regulowken)出身。1933年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党。1934年に親衛隊(SS)に入隊し、SDに配属される。同じ年にSDに入ったアドルフ・アイヒマンと親しくなった。1940年から1944年までゲシュタポユダヤ人課長となったアドルフ・アイヒマンと連携して、スロヴァキアギリシャハンガリーなどでユダヤ人を絶滅収容所へ移送する仕事に従事した。ホロコーストにアイヒマンとともに重大な責任を負っている。

戦後、ニュルンベルク裁判にも証人として招集された。この際のヴィスリツェニーの宣誓証言は後のイスラエルでのアイヒマン裁判でも重要な証言として使用された。1948年にチェコスロヴァキアで裁判にかけられ、死刑判決を受けて刑死した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]