ディルク・フリムー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディルク・フリムー
Dirk, Viscount Frimout
ESA所属ペイロードスペシャリスト
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
誕生 1941年3月21日(73歳)
ポペリンゲ
他の職業 宇宙物理学者
宇宙滞在期間 8日22時間09分
ミッション STS-45
記章 Sts-45-patch.png

ディルク・フリムー(Dirk Dries David Damiaan, Viscount Frimout、1941年3月21日 - )は、ポペリンゲ出身の欧州宇宙機関宇宙物理学者である。アメリカ航空宇宙局スペースシャトルのミッションSTS-45でペイロードスペシャリストとして、ベルギー人初の宇宙飛行を果たした。

私生活[編集]

彼は既婚で2人の子供がいる。趣味はランニング、サイクリング、ウォーキング、旅行、チェス等である。

教育[編集]

ポペリンゲの小学校、ヘントの中学校に通った。1963年にヘント大学で電子工学の学位を取り、1970年にヘント大学で応用物理学の博士号を取得した。その後、コロラド大学ボルダー校でポスドクとして研究を行った。

受賞など[編集]

キャリア[編集]

  • 1965年-1978年:Belgian Institute for Space AeronomyでSection Instrumentationの長として、成層圏バルーン気象観測ロケットの実験を行った。
  • 1978年-1984年:Crew Activities Coordinator及びExperiment Coordinator for Spacelab-1として欧州宇宙機関で働いた。
  • 1984年-1989年:ESTECのMicrogravity Divisionで気象観測ロケットや放物線飛行の研究を行った。

現在は、欧州宇宙機関のPayload Utilization Departmentで主任技術者としてATLAS-1での欧州の実験の責任者を務めている。大気物理学スペースラブでの訓練、無重力実験に関して30報以上の論文を執筆している。

宇宙飛行[編集]

フリムーは、ペイロードスペシャリストとして1992年3月24日に打ち上げられたSTS-45で宇宙に行った。STS-45は、スペースラブでの最初のミッションだった。9日間の飛行で、アトランティスの乗組員はATLAS-1 (Atmospheric Laboratory for Applications and Science)の12の実験を行った。ATLAS-1によって大気の化学的、物理的な詳細な測定が可能となり、気象や大気への理解が進んだ。さらに、電子ビームを用いて初めて人工的なオーロラを発生させた。フリムーはこの飛行で214時間宇宙に滞在し、地球を143周して320万マイル移動した。

フリムーマニア[編集]

ベルギー人として初めての宇宙飛行を行ったことにより、ベルギー国内でのフリムーの人気は急速に高まり、フリムーマニアと呼ばれる人々を生み出した。ブラバント公フィリップ・ド・ベルジックは彼が宇宙にいる間に彼について言及し、ベルギーに帰還した後にはパレードを企画した。

外部リンク[編集]