ディディエ・ヴァン・コーヴラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディディエ・ヴァン・コーヴラール
Didier Van Cauwelaert
Paris - Salon du livre 2013 - Didier Van Cauwelaert 002.jpg
誕生 1960年7月29日(54歳)
フランスの旗フランスニース
職業 小説家
国籍 フランスの旗フランス
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ディディエ・ヴァン・コーヴラールDidier Van Cauwelaert1960年7月29日 – )は、フランス人小説家である。

1960年、フランスニース生まれ。

1994年にゴンクール賞を受賞した。

2003年の作品Hors de moi(Out of My Head)は、2011年にジャウム・コレット=セラ監督の『アンノウン』として映画化された。

受賞歴[編集]

  • ゴンクール賞 1994年 (Un aller simple(『片道切符』)に対して)

主な著書[編集]

  • Vingt ans et des poussières (1982)
  • Poisson d'amour (1984)
  • Les vacances du fantôme (1986)
  • L'orange amère (1988)
  • Un objet en souffrance (1991)
  • Cheyenne (1993)
  • Un aller simple(『片道切符』) (1994)
  • La vie interdite (1997)
  • Corps étranger (1998)
  • La demi-pensionnaire (1999)
  • L'éducation d'une fée(『妖精の教育』) (2000)
  • L'Apparition (2001)
  • Rencontre sous X (2002)
  • Amour (2002)
  • Hors de moi(Out of My Head) (2003)
  • L'évangile de Jimmy(『聖骸布の仔』) (2004)
  • Attirances (2005)
  • Cloner le Christ ? (2005)
  • Le père adopté (2007)
  • La nuit dernière au XVe siècle (2008)
  • Les témoins de la mariée (2010)

日本語訳された作品[編集]